初音ミク

Hatsune Miku

10
2018年05月22日 07:20 投稿

セ〇クス!ドラ〇グ!ロ〇クンロール!というイメージで作りました。ま、経験したことないから分からんのだけどな(´Д`)ついでいうと友達もいないので作詞作曲動画用の絵まで全部自前です。世のMMDモデラ―達に土下座感謝■他の曲→mylist/12720538■ついったー https://twitter.com/nanashika

2018年05月22日 05:30 投稿

狂ってます、色々と今回はオリジナル曲です前回の反省を踏まえてMIX頑張りました褒めてください歌ありを前提とした曲を作りたくて作ったので歌詞は思うがまま『サイコパス』をテーマに考えてみたものの、...ねぇ?むずいんじゃぁ~インストver→sm33246289Twitter:@yakan8556Mail:otosame8917@gmail.com作ってみたボカロ曲→mylist/????????前作『独り言』→sm31839937次作『』→

2018年05月21日 19:14 投稿

「サナギから孵化するのは...ミク!?」。動画で使った3Dモデルは製作者: REMmaple様、ありがとうございます。閲覧センキューです。

2018年05月21日 23:37 投稿

空港のコマーシャルソングのイメージの楽曲<br>(TG Ocean Studio投稿作品マイリスト) mylist/62102750

2018年05月21日 22:40 投稿

八月妖火です。2作目は、雨の日の失恋ソングです。お時間が御座いましたら、聴いてやってください。タイトル:傘姿歌:初音ミク作詞・作曲:八月妖火イラスト:眞白ヒロ(http://piapro.jp/t/deq3)使用フォント:あんずもじ■前の曲:sm33090362■次の曲:6月末予定■自作のVOCALOIDオリジナル曲:mylist/61801237■ブログURL:https://ameblo.jp/you-ka-ha-zuki

2018年05月21日 22:14 投稿

投稿13作目は、私の師匠、まぬふぁふぁさんプロデュースの曲をカバーしました。原曲:卍(まんじ)卍/まんじ~謎の集団 ニコ動   :http://www.nicovideo.jp/watch/sm33159489 YouTube:https://youtu.be/XGRtmST9ntYLyrics, Comporsed by まぬふぁふぁArranged by いわぴー[iwa-P]Vocals by Miku Hatsune旧投稿作品⇒ mylist/60771353- Special thanks - ミクのイラスト   :N2SD1R様 http://piapro.jp/t/0PxP 薔薇      :mikaka様 http://piapro.jp/t/g6Zb 薔薇の背景    :nc130676 光線      :nc63555 ストリングストレモロサンプル:卍(まんじ)/まんじ~謎の集団より視聴者の皆様

2018年05月21日 21:33 投稿

昨年投稿した「ゆかいな街の歌 (sm31004924) 」の続編です。(・∀・) <br>お借りしたイラストがドラ○エ風でイメージにピッタリ!w<br> <br>お借りしたもの :im2966195 im3776536

2018年05月21日 21:21 投稿

雨の日。music & words *tak写真 お父さんmylist/53208182twitter@takRUM7

2018年05月21日 20:30 投稿

何も知らないなら。2曲目です。あ子です。前作とは打って変わってしっとりおしゃれを目指しました。オケ音源、ほしいって声があったら嬉しいです。曲・歌詞/あ子 (@ako_okko)ギター・MIX /ナナオ (@yoshi_8744)イラスト/葵山わさび (@ahowasa86)動画/さちこ (@sasamichiko)前作:sm33090837

2018年05月21日 19:45 投稿

「僕はニセモノのままで。」sayu:mylist/57046969Twitter:@sayu4566以下歌詞寂れた宵の幻灯月のない夜に残滓を映して歪な青の燐光鬱いだはずの代償の記憶払ってさサヨナラ渦巻ク輪廻燦然と瞬く塵芥と散って今日を忘れ変わってく君を閉ざした愛想めいた涙は儚げな夢にまた縋って毒を乞う肺と心臓消え失せたって僕を見つけて触れてくれよドリー哀愁ハ欠如浮游 舞ウ散華荏苒と募り行く後悔を呑んでそっと胸の孤独を侵してく鈍色暗礁めいた心は沈黙の波にまた溺れて瞑った瞼潰した声はもう燦然と瞬く塵芥と散って今日を忘れ僕らは知らずに変わってく愛想めいた涙は虚ろげな夢にまだ縋ってる衰弱に埋もれた幻想はどこかへ消えてまた零れて枯れ行く蘭の破片をひとつずつ裂いて僕の意識は薄れて行くんだ

10