鏡音リン

Kagamine Rin

10
2019年05月25日 18:43 投稿

歳を取ってもドキドキワクワクしていたいものですね。「いくつになっても恋をしよう」歌:鏡音リン作詞作曲:あるせれイラスト:なん&あるせれあるせれtwitter:@Rpapa_selection

2019年05月24日 21:11 投稿

こんにちは、ひーたんです。ボカロピアノのボーカロイド合唱曲です。#都会で夢見る海は綺麗だった。力を入れすぎて時間がかかりました。がくっぽいど君にようやく歌ってもらいました。ツイッター https://twitter.com/hittannp過去曲リスト https://www.nicovideo.jp/mylist/65166158クローシャル オーシャン(Crucial ocean)/ feat.初音ミク&鏡音リン・レン (ひーたんP/hittanP)歌詞↓届け僕の Crucial ocean 責め立てる音の中 荒れた波をかきわけて 殺伐とした 鉄の塊に触れた夢の形している 青い海の水滴 いつかこの目で見たい 会いたい人と一緒に夢を見ているの 君の後ろ髪 靡かせて 振り向いて 見に行きましょう 歌え たとえ夢が消えたとしても たとえ 明日が曇り空だとしても夢の先に 届く色は Crucial ocean 鳴り響くつなぎ目が 僕の目を揺らしては 夢見ていた 海も 鉄に捕らわれてサヨナラすら僕には 言えなかったけれど 沈んでいく記憶に 思い出抱きしめて僕を乗せたまま 奥に向かっていく どこまでもいつまでも 灰色で いつか この歌が届くときには たとえ 雲が心を覆っていても夢の中で 描く色は Crucial ocean 鳴り響くつなぎ目が 僕を夢に引き入れる 青々とした 木々の 暗い林へ止まれない僕の旅 いつか道は途切れて目覚めたときには どこで立ち止まっているの僕は町を離れ 森を駆け抜ける 追いかけて追い越され 夢見る青  微か 日の出の中にある青色 たとえ どんなに遠かったとしても 夢の描く 景色これぞ Crucial ocean 僕を乗せたまま 夢に向かっていく どこまでもいつまでも ・・・ ラーラーラー・・・ いつか この歌が届くときには たとえ 海が涸れていたとしても出会う日々に 響け僕の Crucial ocean

2019年05月24日 21:00 投稿

あと、最近なぜか二年も会ってない人に告ってないのに振られました。草が生えました。かふぃーです。簡単にまとめると宇宙規模のヒキニートの歌です。よろしくお願いします。あと、最近なぜか二年も会ってない人に告ってないのに振られました。草が生えました。音楽・絵…かふぃー(風邪薬排除P)Twitter…@cofey_mari歌…鏡音レン(かわいい)・鏡音リン(かわいい)

2019年05月24日 19:00 投稿

『素直じゃないこんな私の』雲丹です。 5作目です。形のないものは持て余しがちですね。詞/曲 雲丹:mylist/62960425http://twitter.com/sea_urchinP絵/動画 じゅん:https://twitter.com/6vw10インスト音源:準備中【web】http://seaurchinp.wixsite.com/bots

2019年05月24日 00:36 投稿

haru+(ハルプラス)です。ボカロ賛美初投稿です。すべてオリジナルのアレンジでの投稿になります。基本は讃美歌なのですが、皆さんが聴きやすいようにアレンジしています。ぜひ讃美を身近に感じていただければと思います。マイリスト、コメントお願い致します。Vo:鏡音リンGt:haru+Ba:haru+その他:DTM

2019年05月20日 18:13 投稿

当然の事でしょ?だから今あなたといるのよ?vocal Nana Gumi Rinvoice iroha作詞・作曲・編曲 Fdur動画 Fdur

2019年05月20日 05:44 投稿

黄色い悪魔と言う言葉が降りてきて、なんだそれ、と自分ツッコミした曲ですよろしくお願いいたしますひかりプロジェクト 蒸留ノボレ

2019年05月20日 01:58 投稿

満員電車の手すりの感覚おぼえてる。駅前の景色もなんだか春の匂いがする進むべき この先にどんな幸せがあるかな?6年前の曲でボカロ曲6作目のカラオケがあったので暇潰し気分でギター重ね録りしてみました。イラスト:花菜.kan-naさん https://piapro.jp/t/9yDRいかっぽいど (mylist/63907613)

2019年05月19日 23:28 投稿

鏡音リンがカセットMTRのVUメーターをブイブイ言わせながら歌う、チイサナソルジャーのリメイク版。

2019年05月19日 05:10 投稿

過去からミライへ。Vocal.Hatsune Miku,Kagamine Rin,Megurine Luka

10